お墓より安い費用で納骨堂に遺骨を預けることができる

死と向き合うための活動

女性

利用者が増加傾向にある注目の活動、それが終活です。終活とは、人生の終わりの時を気持ちよく向えるための活動であり、葬儀やお墓の購入など、本人の死後に関係することまでの取り決めを行なうこともできる活動でもあります。

もっと見る

残された家族のために

作業員

身内が亡くなり悲しみの中の遺品整理はとても大変です。しかし遺品整理をすることで一つの区切りとなり、新しいスタートのきっかけにもなります。遺品の整理には時に身内との思わぬトラブルが生じる場合があります。事前に親戚や家族相談し、後悔のないよう着手することが大切です。

もっと見る

大切な故人を守るために

墓地

骨を預けて保管します

納骨堂は、焼いた遺族の骨を収納する施設のことです。お墓との違いは、土の中に埋蔵するかどうかという点です。納骨堂は、お墓が出来るまでの骨の一時的な預かり場所、と解釈している人もいますが、最近では納骨堂に骨を預けて、お墓を建てないという人も多くいます。その理由として、お墓が遠くてなかなかお参りに行けない、自分だけが入るお墓がほしい、など様々なものがあり、このようなスタイルをとる人が増えてきました。納骨堂にお墓を収めるメリットは他にもあり、例えば納骨堂は屋内にあるので、お墓のように頻繁な手入れが必要ありません。また雨風にさらされることもなく、いつでも骨が安心安全な場所で守られているという状況を生み出すことが出来ます。

ローコストです

そこで気になるのが、納骨堂を使用する際の費用についてです。基本的に、納骨堂はお墓に比べるとローコストで使用することができます。もちろん納骨堂の場所などによって費用にも多少の差異はありますが、安いところだと10万円以下で使用することも可能です。また初期費用としては、50〜100万程度が相場とされており、これもお墓に比べるとだいぶ安い値段となっています。それからお墓を購入する際には土地代についても考える必要が出てきますが、納骨堂では土地代が掛からないため、その点でも費用を安くおさえられます。このように納骨堂は、安く、安心、安全に大切な家族の骨を預けられる場所です。施設はほとんどが市の中心部にあるため、お参りもしやすく、その点も大きなメリットの一つであると言えます。

故人の物を片付けるコツ

ダンボール

兵庫県芦屋市で遺品整理などを行う場合、期限が決まっている相続などにも関係してくるので、トラブルなどで長期化させるのは良くありません。そのためにも親族で集まり、よく相談しながら行い長期化しそうだったら業者に依頼することです。長期化させないためにも効率よく行なっていくことが重要です。

もっと見る